桜舞い散る…2人流した涙。

私が深く思い出に残っている卒業ソングは
【Janne Da Arc】の振り向けば…という曲です。

Janne Da Arc自体を知らない方もいるかもしれないですが、
Acid Black Cherryというバンドは聞いた事ありませんか?
エロな感じの歌を歌っているソロアーティストなのですが
Acid Black CherryというのはもともとJanne Da Arcのボーカルであったyasuがソロプロジェクトとしてはじめたバンドです。

学生時代に私はお付き合いをさせてもらっていた女性がいました。

彼女は、1つ上の学年の方でとても明るくクラスでも人気の高い女性でした。

そんな彼女と仲良くなったきっかけが最初に記載したJanneDaArcでした。

私は以前からJanneDaArcのファンで
よく昼休みや放課後に教室で聞いていました。

するとある日の放課後いつも通りJRで自宅に帰ろうとして駅に行くとあの先輩が居ました。

特に話した事もなかったのでそのまま電車を待っていると先輩の方から「JanneDaArcすきなの?いっつも学校できいてるよね!」と言われました。

私は少し驚きましたが話しをしているうちに先輩もJanneDaArcのファンだという事がわかり、すっかり意気投合してしまいました。

実は先輩とは普段から帰る電車が同じだったのでそれから毎日話すようになり、いつの間にか彼氏彼女の関係になって行きました。

そして付き合い始めてから1年半ほど経ち、先輩が卒業を迎えました…。

卒業後は離れた所にある専門学校に進学する事が決まっており
遠距離恋愛になってしまう事は避けられず、複雑な気持ちでした。

そんな時に彼女と最期に一緒に聞いたのが
JanneDaArcの振り向けば…でした。

歌詞の中にはこんな言葉があります。

桜舞い散る今日の二人流したなみだは
君が大人になるたび大事なものになるから
長い旅路のどこかで 傷つき迷う事もある
辛くても春が来る度また 桜は咲くから…

この歌詞が当日の私達の心にはとても響き今でも忘れられない思い出になっています。

それから数年後私達はこの歌の支えもあり結婚しました。

今では1歳になったばかりの子供も産まれとても幸せな日々をおくっています。

それもこの歌があったからだと思います。

振り向けばは忘れることのできない大切な卒業ソングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です